肩・肘の痛み

肩や肘の投球障害や、テニス・バドミントンなどの肩や肘・手首の痛みなどでお困りの方

茨木市 なかはら整骨院 スポーツ

こんな症状で困っていませんか?


ボールを投げる、テニスラケットやゴルフなどの道具を腕でコントロールする。
簡単なようですが、この動作で肩や肘、手首を痛めサポーターを巻いているアスリートの方を多く見かけます。

茨木市 なかはら整骨院 スポーツ 本来、上肢を使った運動は体幹主導で行うべきですが、手脚の力みから上肢主導の動きになりやすいです。
原因は、日頃の立ち姿勢や座り姿勢の影響です。
なぜなら、投球動作などで本来動くべきところは体幹ですが、日ごろ、もたれて座ることが習慣づくと体幹の筋肉が弱り、立った時に姿勢を保つことができず、その分だけ体幹の筋肉に負荷がかかってしまうからです。

その結果、本来は体幹・下肢の筋力→上肢の筋力へと力が伝わるところ、体幹の筋力は身体を支えるほうに使われるため、投げる動作に使えません。
そのため、上肢の筋力だけを使って運動せざるを得ず、結果として、肩や肘・手首に負担が集中しオーバーユースとなります。

改善のためには、上肢の痛めた関節・筋肉の修復はもちろんのこと、その負担の原因となる体幹の可動性の改善が必要不可欠です。

根本的な原因を改善しないと、安静にしてもまた痛みは再発します。
身体の本来の動きを取り戻し、スポーツを楽しみましょう!!

投球障害・野球肩、テニス・バドミントンなど肩関節の運動痛

「投球障害」と一言でいっても、テイクバック時の痛みやリリース時の痛みなど、痛みの局面が多様です。
痛みがでるのはその前の局面で安定していないことが原因です。

【野球】
リリースの時に、軽く投げるときはいいが、全力投球になると肘が痛くなる。
 ⇒ これは、テイクバックの時に体幹が安定しておらず、すでに肩関節が挙がってしまい、手投げ動作になっていることが多いです。

【テニス・バドミントンなど】
テニスのサーブにてテイクバックからインパクトにかけて肩の痛みを感じる。
 ⇒ これは、トスをあげる時点で反り腰になり、腰背部の緊張が高くなっていることが多いです。

当院の施術

茨木市 なかはら整骨院 スポーツ

基本は、骨盤・股関節回りの可動域の改善と体幹の力みの解消です。
しっかりと両脚もしくは片脚に体幹の軸をのせられるように改善します。
ポジショリングのとき、いかに筋肉を使わずに立ち、いかに多くの筋肉をモーションに使うことができるかがポイントです。

野球肘・テニス肘

TFCC損傷【手関節の関節痛】 ※三角線維軟骨複合体損傷

電話番号072-637-0370